「僕みたいに自殺未遂した人でもここまで回復することができました」グループプログラム報告(7・8・9期)

201809.16


グループプログラム(7期、8期、9期)の報告です。
夏前開催だったので、ちょっと時間がたってしまいましたが…(汗)
今回はもともと日曜クラスだけのつもりだったのですが、お悩みの方が多くて即日定員に達してしまい、リクエストを踏まえて土曜クラス、平日クラスと追加しました。
なので同時期に3つのクラスが開催されている状態。
お仕事の都合などでクラスを欠席する場合には他のクラスに振替参加ということも可能でした。
とはいえ、3クラスを同時に運営するのはなかなか大変なのも事実なので、こういう形態は今後は難しかもしれません…。

どのクラスもプログラム内容のベースは同じですが、クラスによって参加メンバーのお悩みの状況も微妙に違うところもあるので、クラスの方々のニーズも踏まえて組み立てていきました。

クラスの構成は、脇見恐怖症の方ばかりのクラスもあれば、会食恐怖、社交不安障害などの方も一緒に学ぶクラスもあり。
また、全員女性というクラスもあれば、18歳が4人もいるクラスもあるなど、それぞれの特徴があって楽しかったです。
新幹線や飛行機で通われる方が今回もおられ、悩んでいる方は全国各地にいらっしゃるんだなあとあらためて感じました。

症状軽減のための基本的な方向性は

①ゆるめる
②ゆだねる
③ゆうき
です。

この方向性に沿って、様々なワーク(エクササイズ)や講義、シェアリングなどを行っていきました。
専門的なプログラムももちろん効果をもたらしますが、あわせて、同じような悩みを抱える仲間どうしのつながりもまた症状軽減にとても大きな役割を果たします。

クラスの回数を重ねるごとにみなさん表情も明るくなり、
「自由に自分の人生を生きよう!」とおっしゃる方も増えてきます。
そんな姿をみていると、グループプログラムを開いて本当に良かったなと感じるし、今後も取り組みを続けていこうと思いました。どうやら今のところ日本で&世界で唯一の取り組みのようですし。

ご参加のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました!
自由に生きてくださいね!

 

(グループプログラムの開催情報はこちらをご参照ください)

さてさて、肝心のグループでどんな効果があったの?
気になるところだと思います。
僕が語るよりは参加者の声を直接知る方がいいかもしれませんね。
主な感想を載せますので、感じ取ってみてください。

・脇見が、参加する前と比べてだいぶ改善しました。人に対する恐怖心がやわらぎました。人が怖いと思うが故の回避をあまりしなくなったように思います。

・クラス参加前は行動一つ一つが不安でしたがクラス参加後、好きなことができるようになりました。

・気分ではなく行動にフォーカスすることで、今まではどうせダメだと思い込んでいたことが実はそんなにダメなことではなく、挽回するチャンスはいくらでもあるということを学びました。また、受け身ではなく自分から心を開くことで人間関係は良くなるということがやっと理解でき、少しずつですが周りとのコミュニケーションの仕方も変わってきた気がします。

・脇見してはいけない、横を向いてはいけないということがまったくなくなりました。行動に関しても、バイト中にお客様の方を向けなかったのが向けるようになったり、電車の中でも自分が見たいところをみれるようになりました。全体として本当に良くなりました。僕は4月当初自殺未遂をしました。原因は脇見です。二年生の後期は本当に辛く休息の時間もずっと下を向いていました。…ネットで調べたところキズキーが出てきました。思い切っていってみることにしました。するとだんだん良くなり「脇見してはいけない」という魔法が解けました。僕みたいに自殺未遂した人でもここまで回復することができました。治りに波はありますが、できることの方が多くなっています。0%とはいいませんが、100%からは絶対に下がります。だまされたと思て通ってみてください。

・クラスに参加する前は脇見するのは自分一人で一生この悩みを抱えていくんだと毎日ネガティブで自分が大嫌いだったけど、グループレッスンを受けるようになってから、考え方も前向きになれて、自分を受け入れるようになってから、考え方も前向きになれて、自分の行動も、他人に左右されるのではなく、自分らしく思うこと、やりたいことをできるようになってきました。何より同じ悩みを持った仲間と悩みを共有しレッスンで学べたことが心強くて、苦手な場面でも、前向きに行動することができました。

・街中を歩いているときに、他人の視線が気になり、下を向いてしまうことが多かったが、銀座のワークでみんな僕のことをほとんど見ていないとうことが分かり、前を向いて歩けるようになった。

・参加前は脇見をしないようにひっしで生活していたのが、参加後は人が視界に入ってきても脇見し続けていられるようになった。自分で思っていたほど、脇見したことによって最悪なことは起こらないので、今まで何であんなにひっしで人を視界に入れないよう努力していたのだろう…時間がもったいなかったとか思うようになりました。

・脇見してもいいとか、それでいいとかあるがままを受け入れて自分で自分を肯定できるようになりました。コミュニケーションの講座や椅子を使っての見え方などの実技もとても役に立ちました。同じ症状で悩んでいる仲間が「この一週間で○○しました」ときくと自分も頑張ろうと思いました。

・全部参考、役に立ちました!ネガティブな気持ちのループの抜け出し方や気持ちの持ち方、思い込んでいた考え方が思い込みであるということ…など教わった気持ちの持ち方、考え方、意識がスッと自分の中に入り楽になりました。また、いろんなワークを通じて、体からも学ぶことができました。教わったトレーニングを今後も生活の中で取り入れたいと思います。

・気持ちが明るくなった気がします。周りを敵に思いすぎていましたが、思い込みやメガネが少しづつ書き換わり、一歩踏み出せるようになったと思います。素の自分を出すことが前より怖くなくなりました。

・今まで自分が悪いんだと自分を責めすぎていた。考え方を変えるようにしたり、呼吸方法を練習することにより、前向きに考えられるようになったり、気にしすぎなくなった。クラスの方に「表情が明るくなった」と言われて嬉しかった。

・参加前:周りの人たちが普通にできることがなぜ自分だけ出来ないのだろうと思っていた。
 (デスクワーク、人前で話す、人と緊張せずに話すなど)
 誰にも相談出来ず、一生悩み続けるのだろうという絶望感。
 両親がいなくなったら生きていく意味すらないので自殺してしまおうといつも考えていた。
参加後:完全に治そうとするのではなく、物事の捉え方、気持ちの持って生き方次第で心が落ち着くとわかった。
 前髪で目の横を隠していたのを出せるようになった。色々なことをきにしすぎないようになった。

・ヤバイと思っている時にそこからどうやって抜け出せるのかを教えていただけたことに感謝です。参加前と後ではヤバイ調子が悪い回数がかなり変わった気がします。

・これまでは人目を気にしてばかりでしたが、そういうときは「ま、いっか」と考えたり、「境界線を越えちゃった」と思うようにしたことで、前よりもネガティブな考え方をしている時間が短くなり、職場にいるときや人と接しているときに感じていた辛さや苦しさが減ったように思います。深く考えても仕方がないなと思えるようになって前向きに少しづつ考えられるようになりました。

・私は日頃よく「人からへんに思われているんじゃないか、嫌われているんじゃないか」と考えてしまうことが多くて、それによってネガティブになって上手くいかなくなることがあるので、ネガティブな思考をストップさせる方法や考え方を学ぶことができたのがよかったです。

・会話・コミュニケーションスキル・脳幹トレーニング、原始反射などの具体的なトレーニング・実践方法を教えてもらたのが役立ちました。「ライフのタネ」は自分を見直し、今後の指標もすっきり分かって目からうろこでした。前向きになったし、自分の悩み、問題がたいしたことがないように思えてきた。

▼参加者から同じ症状で悩む方へのメッセージ

・僕みたいに自殺未遂した人でもここまで回復することができました。治りに波はありますが、できることの方が多くなっています。0%とはいいませんが、100%からは絶対に下がります。だまされたと思て通ってみてください。

・脇見恐怖症は絶対に治ります!今はすごく辛いと思うけど治るので安心してください。私はこのクラスに参加して本当によかったと思っています。

・脇見をしても大丈夫だし、自分が思っているよりもやばくないです。最初は半信半疑に思うかもしれませんが、もし同じ悩みを抱えて一人で悩んでいる人がいたら、ぜひ受けてほしいです。

・毎日お疲れ様です。この症状で悩んでいるのはあなただけではありません。ぜひこのクラスで学んでみてください。

・勇気を出して!参加してみたら何か変わると思う!

・気持ち、意識、考え方次第で自分の生きている世界はいくらでも変わるし、乗り越えられるので、もし今苦しんでいる人がいたら勇気を出して一歩踏み出してほしいです。私は踏み出して本当に良かったです。

・脇見や対人恐怖症は克服できる症状だと思います。自分自身の意識や考え方の問題であり、それを改善することで、治っていくものだと実感しました。思い切って今回のグループワークに参加してみて良かったと思います。色々悩んでいることや症状に対してアドバイスしていただきましてありがとうございました。大変感謝しております。

・まずは一度ミニセミナーに参加してほしいと思う。先生もかつて症状に悩んでいたのに克服されたので講義も信頼できる。
あまり自分を責めないでほしい。皆さんの症状が良くなり前向きな人生を送ってほしい。

・ワークに参加することはすごく勇気のいることだと思いますが、迷っているなら一歩を踏み出してほしいと思います。
自分の悩みを人に話すことや、人の話をきくことによってかなり気持ちが楽になりましたし「独りじゃないんだ!」と心強く感じました。絶対に状況は良くなっていくので、あきらめないで挑戦してほしいです。
色々な症状で悩んでいる人たちが一人でも多く減ること、皆さんが悩みから解放されて素敵で楽しい人生を送れるようになることを願っています。

・脇見恐怖症や対人恐怖症のせいで、色々なことに悩まれていることが多いと思います。考えが変わることでモノの見方が変わり、やがて症状の改善につながると思いますグループワークにはあなたと同じ仲間がいます。お互い助け合いながら頑張ってください。マインドフルネスは続けてみるといいと思います。脳がスッキリして劇的に変わります。

・ヤバイことなんてないんだよ。人よりもびんかんに物事をとらえがちだから、少し疲れているだけ。人生はとても明るいよ!!

・同じ悩みの人はいる!思い込みすぎず、自分を自由にしてあげてください!

・脇見恐怖症をかかえている人は前を向けなかったり、つらいことも多いと思うけど考え方で少しでも楽になれるし少しずつでも症状がよくなってくると思う。

・一人で悩んでいる間はとても辛いですが、そんなに悩む必要はないということに気づいてもらいたいです。同じ悩みを持つ人と話すことで共有できることも多いので、クラスに参加することはとても大きな良い経験になると思います。

・3カ月間大変お世話になりました。これまで自分の悩みを理解してもらえないことも多く、辛いこともありましたが、
ここに来て自分と同じことで苦しんでいる人たちと出会い、ワークを行うことでたくさんのことを学ぶことができました。参加してよかったです。

・「脇見のことで苦しんでいるけれど、このようなセミナー・プログラムでメカニズムや実践してみるということを学べば、考え方も変わるし、症状も軽くなるよ」と伝えてあげたいなと思います。

・自分だけが苦しんでいるんではないです。わかってくれて聞いてくれる人がいるだけでも救われます。

・これからも自分でトレーニングは続けていきます。苦しくて、苦しくて、毎日が辛い日々でしたが、今は少しづつ前向きに考えることができています。私は35年苦しんできました。でも1年後は今よりもっと笑顔で生活していると思えます。
お互いあせらず頑張りましょうね!

・具体的に実践できるスキル・トレーニング方法を教えてもらえるので、今後の人生で生かすことができる。
同じ悩みを持つ仲間と一緒に取り組むと効果を早く感じられるようになります。

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数