注意を内側から外側へ

201602.10

NHK「ハートネットTV」での視線恐怖・脇見恐怖特集が話題になっていますね。僕も録画して見てみました。この症状が取り上げられるなんて驚きです。きっとみなさんの声が届いたのではないでしょうか。すごいなあ。30分という限られた時間の中でなかなかよく出来ていたなあと思ったのですが、賛否両論あるようですね。
それはさておき。
番組で千葉大の先生がおしゃっていた、「注意を内側から外側へ向ける」というのは僕も大切な視点だと思います。番組では天井や相手のネクタイを見させていましたよね。
あんな感じで脳の注意を切り替えてあげることはそれなりに効果ありますよ。
症状を抱えていると、どうしても「自分はうまくできているのか」「迷惑かけてないか」といった思考にとらわれてしまいますよね。相手を見ているようで見ていないのです。その意識を外側のいろんな対象へ向けてあげることで、とらわれてしまった脳の神経回路をいったんリセットすることができます。
もちろんこれだけで治るわけではないのですが、「いったんリセットする」ことは、不安や恐怖の拡大を止める効果もあるし、その時にやるべきことに集中を戻すという意味もあるし。おススメです。
まあでもしょっちゅう天井見つめてると、かえってあやしいですけどね(笑)

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数