対人恐怖症/視線恐怖・脇見恐怖症から抜け出す方法を学び、実践するセミナー 2/21

201601.20

※このセミナーは終了いたしました。定員を超えるお申込みありがとうございます。
当日の様子、最新のセミナースケジュールはこちらをご覧ください。

症状に6か月以上悩んでいる方向け。「いったい症状は治るのか?」との疑問やあせりが、「きっと治る!」と確信や希望に変わる3時間半

そんなセミナーのご案内です。
もしあなたがこの状況から本気で抜け出したいとお感じでしたら、きっとお役立ちするんじゃないかと思います。

人とのつながりをあきらめたことはないですか?

対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、社交不安。
この症状、本当につらいですよね。
人と接するのにものすんごいエネルギーを使い、心身ともにしんどいばかりか、もしかすると仕事・学業・サークル・友人関係・恋愛など、人生のチャンスや人とのつながりの一部をあきらめたり逃がしたりしたこともあったかもしれません。
もうホントいい加減どうにかしてほしい!そう叫びたい瞬間もあるのではないでしょうか。

6か月以上症状で苦しんでいるあなたに

そんな対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症で悩んでいる方にぜひお越しいただきたいセミナーを開催します。特に、6か月以上症状に苦しんでいるそんなあなた向けの講座です。

今回講師を務めさせていただく僕自身、この症状で相当な苦労をしてきました。
大学院やその他の様々な場所で最新の認知科学や心理学を学び、苦しみから解放されることができました。その後、カウンセリングコーチとして同じ症状で悩んでいる方のサポートを重ねてきました。その中で、症状から抜け出すための法則を見出し、それに基づいた克服プログラムを提供しています。
今回、これまでに得た学術的な理論と経験知を踏まえ、症状の苦しみから抜け出す方法を学び実践する講座を提供いたします。
対人恐怖症、視線恐怖症・脇見恐怖症には共通のメカニズムがあり、共通の克服法があります。
「いったい症状は治るのか?」「この先も治らなかったら人生どうなっちゃうんだろう…」との疑問やあせりが、「きっと治る!」との確信や希望に変わる、そんなセミナーです。

セミナーではこんなことを学び体験します

このセミナーで学び、体験できることを一部紹介すると、以下のとおりです。

  • 科学的に実証されている「診断テスト」によるセルフチェック
  • 症状が6か月以上も維持してしまうメカニズムと克服方法の理解
  • 落ち込んでしまった時の感情をリセットするスキルの実習
  • 失敗しない。オフ会の最大限の活用方法
  • 苦手場面克服オリジナルプログラムづくり
  • 家族への伝え方・相談の仕方のコツ

得られることは?

そして、今回のセミナーでこれらを学ぶことで、
きっと、

  • なんで症状が治らずにいるのか理解できます。
  • 克服に向かっての道筋が見えてきます。
  • 疲れた自分を癒す方法がわかります。
  • 相談しあえる仲間に出会えます。
  • この状況から抜け出すための最初の一歩を決めることができます。

専門家に理解してもらえたことはありますか?

このようなことを学べる機会、おそらくこれまで存在しなかったのではないでしょうか。
ご存知のとおり、精神科の医師や臨床心理士などいわゆる専門家の方々も症状のことをあまり理解していないのが実情ですもんね。
「思い込み」「気にしすぎ」とまともに取り合ってもらえなかったり、種類を増やしながらクスリを延々と処方されたり、ひたすら幼少期について質問されるだけだったり、「ポジティブに考えたらどうかな」などとそれができりゃ苦労しないよというようなアドバイスをくれるだけ、という経験をしている人も多いでしょう。
僕は当事者としての苦しみを体験しています。プロとして同じ症状で悩んでいる人たちのサポートを重ねてきました。まだ日本ではあまり知られていない認知科学や心理学の知見を学びました。幸いにコーチとして人々の認知や行動習慣の変化を応援することもできますし、企業研修講師としてファシリテーションの経験も積んでいます。
そんな僕だからこそ提供できるプログラムなのかもしれません。だからこそあなたにお伝えする義務があるのかもしれません。

とはいえ、セミナーのプログラム作成や事前準備には相当な時間とエネルギーが必要なんですよね…。本当に意義のある内容にすべく、本気で取り組んでいます。ですので、これから先、そうそう開催することはおそらく難しいかもしれません。
ぜひこの機会を逃したり避けることなく活用してもらえたらとても嬉しいです。

人が集まるセミナー参加はちょっとハードルが…

そうはいっても、対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症を抱える状況にあって、セミナーに出席したいと思ってもハードルが高いと感じてしまうことも場合によってはあるかもしれないですよね。
でも、大丈夫です。
今回のセミナーは「安心・安全」の場とすることを目指しています。
参加者は同じ症状で悩んでいる仲間だけです。申し訳ないですが、ご家族の方も含めて、当事者以外の方の参加は遠慮いただいています。
と同時に、「楽しく学ぶ」が研修やワークショップを開催するときの僕のモットーなので、カジュアルに楽しめる場にすることもお約束いたします(とはいえ時々スベることもあるかもしれませんがそこはご容赦を(汗) )。
「うまくふるまえるだろうか」「迷惑かけないだろうか」「自分にはムリ」などと心配する必要はこのセミナーに限ってはありません。仲間うちだけの安心・安全の場に足を運んでみる。それこそが症状改善に向けた大きな行動です。あなたがもし対人場面が苦手でしたらこれ以上ない練習の機会かもしれません。チャンスを回避してはもったいない!そう思います。
ちなみに、ニックネームでの参加もOKです。

一人で抱え込んでしまわずに仲間とのつながりを

これらの症状を抱える人の一般的な傾向として、責任感の強さやその裏返しとして他の人に頼るのが上手でないことがよく指摘されます。ついつい、「誰にも相談なんかできない」「自分で治さなければならない」と一人で抱え込みがちです。経験上も理論上も一人で抱え込んでしまうと、かえって症状は強まります

どうぞ一人で抱え込まずに仲間とのつながりは保ってください。
頼れる場は活用してください。
今回は家族への伝え方のコツについても学ぶことができます。
相談しあえる仲間ができるような場を提供します。
周りの人にも相談しながら早く対処することで、早期に抜け出すことも可能となってきます。
ここまで長引かせてしまっていたとしても、1日早く克服のきっかけをつかめば、それだけ早く症状にとらわれない人生を手に入れることができます。

これまでと違った成果をだすための秘訣…

症状克服のセオリーの一つは、Do something different です。
これまでとちょっと違った行動をとってみるからこそ、これまでと違った結果が生まれる可能性がでてきます。これまでと同じ行動ではこれまでと同じ結果のままかもしれません。
ぜひ会場に足を運んでみてください。

このセミナーを通じて、参加してくださったあなたが、症状の苦しみから抜け出すきっかけをつかみ、自由な人生を歩んでいけるようになることを願っています。
そして、症状のせいで自らの無限の可能性をあきらめてしまったり減らしてしまう人がゼロになる世の中が実現することを願っています。僕はキャリア官僚という立場を捨てて今の仕事を選びました。そんな世の中の実現を本気で追求していきたいと思います。

あなたの参加をお待ちしています。
それでは会場でお会いしましょう。

追伸:日にちもせまっていますし、それほど規模が大きくないセミナーです。お早めにお申し込みください。ご不明な点がありましたらどうぞお気軽に問合せください。

****セミナー詳細*****

【タイトル】

対人恐怖症/視線恐怖・脇見恐怖症から抜け出す方法を学び、実践するセミナー
―症状に6か月以上悩んでいる方向けの、「いったい症状は治るのか?」が「きっと治る!」と確信を持てるようになる3時間半―

【日時】

2016年2月21日(日)
14:00~17:30(13:40入場開始)
※本イベントは終了しました。50名近い方々と意義ある時間を共有することができました。ありがとうございます。

【会場】

KFC Hall&Rooms(国際ファッションセンター)108号室(10F)
※入室しやすいよう会場のタイトルは「ストレスマネジメントセミナー」と掲げてあります。
会場アクセス図2 会場アクセス図

JR中央・総武線、地下鉄大江戸線「両国駅」近く
会場へのアクセス詳細はこちら

【参加費】

3000円(税込み)
高校生・大学生 1500円(税込み)

【定員】

40名(先着順)
※参加者の方が安心して学べる場とするため、症状で悩む当事者以外の参加はご遠慮ください

【持ち物】

筆記用具、クリップボード

【講師プロフィール】

120_5D2_0455カウンセリングコーチ 森昭一郎

人が成長し、幸せになることを応援したい。これが私の願いです。
教育制度など社会システムを整備することによりそれが可能になると考え、文部科学省にて仕事をしてきました。しかし、社会システムだけではなく、人の内側(=ココロ)に成長のための基盤が整っていることが大切であり、それでこそ人は幸せになれることに気づき、文部科学省を退職し、カウンセリング&コーチングオフィスKizkeyを創設。人が成長し幸せになるための基盤をココロにつくることを応援するため、認知科学・行動科学、アドラー心理学やマインドフルネスなどの知識をベースにしたカウンセリングやコーチング、企業研修等を提供しています。また、自身の体験及び専門的知識を踏まえ、対人恐怖克服プログラムを構築。対人関係の不安や恐怖に悩む人たちのサポートに力を入れています。1974年生まれ。横浜市在住。

【主催】

コーチング&カウンセリングオフィス Kizkey
代表 森昭一郎
HP:https://taijin.kizkey.net/
対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症克服のポイント無料動画講座はこちら
LINE@で配信中の克服ワンポイントアドバイスはこちら
Twitter @taijin_kokufuku

【主催者からのメッセージ】
参加しようかどうか迷っている方へのメッセージです。プログラムの補足説明もしています。

【お申込み】

peatix経由でのお申し込みとなります。
※peatixでのチケット申し込み方法が不明な場合はこちらをご参照ください
※お支払いはクレジットカード/ PayPal / コンビニ / ATMが可能です
※ニックネームでの登録も可能ですが、クレジットカードの請求先情報などでお名前を記入する欄が出る場合があります。その情報は主催者側には伝わらないのでご安心ください。
※どうしてもpeatixの使い方がわからない場合は個別にお問合せください。柔軟に対応いたします。 お問い合わせフォーマット/電話050-3696-1000
※その他ご不明な点はお気軽にお問合せください。

【イベント告知後にいただいたコメントやお問合せとお答え】

イベント告知後にいくつかコメントやご質問をいただきましたのでこちらにも回答させていただきます。申し込みくださった方や応援くださった方もありがとうございます。
ご不明な点があればお気軽にお問合せください。mail、LINE、電話どのような方法でも構いません。

Q. 参加すれば治りますか?
A. 残念ながら参加しただけで症状が治る可能性は低いと思います。1回で治る!といった無責任な効果をうたうつもりもありません。今回のセミナーの目的は、症状の苦しみから抜け出す道筋を見出すことです。負のスパイラルに陥ってしまっているのを逆回転させ始める場として大きな意味があると思います。正しいやり方で行動を継続すれば、きっと苦しみから解放されますよ。

Q. うまくコミュニケーションできるか自信ない…
A.そんなあなたにこそ参加いただきたいのです。そして、「うまくふるまわなくちゃ」と構える必要はまったくないですよ。周りは全員同じ症状を抱えた仲間です。そもそもコミュニケーションが試されるような内容にはしていませんしね。「成功/失敗」といったふうに考えること手放す場にしてください。

Q. 対人緊張があるのでグループワークとかは抵抗ありますが…。
A. グループでディスカッションや意見発表するような場はありませんよ。隣の席の人と少し感想を述べあうなどです。対人緊張があるからこそ、仲間しかいない場で安心して学んでください。当方もファシリテーションのプロです。参加者の方に無理を強いるようなことはしません。

Q. 一人でも参加できますか?
A.もちろんです。ほとんどの方がお一人での参加だと思います。むしろ、だからこそ参加してほしいと思います。相談しあえる仲間ができるような場を提供します。

Q. 有料なんですね…。学生なのでお金が…。
A. 症状抱えながら学業、つらいですよね。学生割引を設けました!有料の理由としては、会場費、準備費、資料材料費などで当然費用が発生します。プログラムの内容も心理診断テスト、講座、ちょっとしたワークと相当内容が深く濃いもので、費用対効果は数倍以上なのではないでしょうか。なにより、費用をご負担いただくことにより、当日のモチベーションと得られる学びの質が断然違ってきます。参加への勇気を当日なくしてしまうことも避けられる、という意味合いもあります。

Q. 今回は日程あわないですが次はいつ開催ですか
A. 次回は未定です。ちゃんとしたプログラムをつくっているので、その分準備もたいへんなんですよね〜。ご要望があれば検討してみたいと思います

Q. なにか販売とかされないですよね?
A. そのようなことはありえません(笑)。宗教でもマルチでもないですよ。なにかプログラムを売りつけるようなこともありえません。お恥ずかしながらも名前・顔写真・住所・経歴・連絡先など全てオープンにしています。症状によって自分の可能性をせばめてしまう人をゼロにしたい!そのような想いでやっています。ご安心ください。
相談しあえる仲間にも出会えます仲間3

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数