experiences体験談

クライエントの方々からは例えばこのような声をいただきます。

治らないと絶望している高校生・大学生に「それは違う」と伝えてあげたい(大学生)

脇見恐怖症に悩み始めたのは中学3年の秋からです。
授業中に周りの人が自分の方を振り向いてきたり、頭をさわったりそわそわしているのが気になりだして、それからどんどん周りが気になるようになりました。
自分の視線のせいで明らかに他の人に避けられて。咳払いされたりにらまれたりもしました。
みんなが普通に板書できている中、ちゃんと顔を上げて板書を撮ることができなくなったし、学校の廊下を歩くのもしんどくて。
クラスでの発表やグループ活動もつらかったです。発表することの緊張だけじゃなくて、それに加えて症状のつらさがダブルでのしかかってきて。それで頭が真っ白になって、呼吸ができないほど苦しくて仕方がなかったです。

 

ごく普通のことができないっていうのがほんとに苦しくて、絶望の毎日でした。
学校を辞めなきゃといつも思ってました。
心療内科にもいってみたけど、薬を飲んでも何の変化もなくて、かえって絶望が悪化した感じになっちゃって。
ネットの掲示板などでもいろいろ調べました。そうしたら「一生治らない」と書いてあって、さらに絶望が深まってしまいました。絶望のその先までいってしまった感じ 笑
絶望の繰り返しの学校生活でした。

 

症状が一番ひどかった時が10段階の10だとすると、クラス(5回コース)に通ってから現在は2です。
ずいぶん軽減しました。
教室で人が視界に入ってきても恐怖にはならなくなりました。ちょっとの緊張はあるけれど、黒板を見て板書をとれるようになったし、大学の構内や街中を歩く事に関しては全く症状が気にならない。
症状が気にならなくなってきたので、空気の涼しさとか温かさとか心地よさに気づけるようになりました。以前は症状のことしか考えられなくなっていたので、例えば涼しさとかまったく感じられなかった。
これまでの学生生活では絶望しかなかったけど、いまはぜんぜん違います。
幸福というか、幸福を越える、といってもいいくらいです 笑

 

クラスのワークで効果があったのは、脳をゆるめるトレーニングや、視線の向け方を練習したこと。
「脇見をしても大丈夫」と意識を広げられるようになりました。
あと、銀座の街中に出て一緒にトレーニングしたのも役立ちました。ワークをしていくうちに、これまでは周りの人に嫌われていると100%確信していたのが、いまではその確信度がゼロになりました。
自分を責めてしまうところがあるけれど、胸を手に当てて自分を癒してあげる方法も自分には役立ちました。

 

脇見恐怖症は視線の向け方とか正しい練習でぜったいよくなります。
だから、絶望している場合じゃない、人生楽しいことがやってくるぞ、と高校生・大学生に教えてあげたい。
ネットの掲示板みて治らないと絶望している人に「それは違う」と伝えたいです。
自分が思っている以上に、周り人は自分のことを避けたり責めたりしてるわけじゃないんだぞとも教えてあげたいです。
絶望する必要ないと本当に思います。

10代、男性

何歳からでも脇見恐怖症はよくなります(30代後半)

当オフィスには高校生から50代の方まで幅広い世代の方がいらっしゃいます。
30年間脇見恐怖症に悩んでいた方でも症状を克服することができています。

先日6回のカウンセリング&ワークを終えた30代後半の女性の方からメッセージをもらいました。

彼女は学生時代から長年にわたり脇見恐怖症に苦しんできた方。
街中で顔を前に向けて歩くことができなかったり、電車で目をあけられなかったり、人と一緒に食事することが普通にできなかったり、生活している間はずっと症状のことばかり考えてすごく苦しい毎日を送っていました。

そんな彼女から同世代の方へのメッセージ。

「私はこれまで重症の脇見恐怖症で20年近く苦しんできました。
でも、数回のワークで劇的に変わることができました。

最初は自分も信じられなかったけど、年齢とか、悩んだ年数とかぜんぜん関係ありません。

自分の姿をビデオで見るワークや、視線の向け方を習ううちに、脇見恐怖症に対する考えが180度変わってしまいました。

これまで、とにかく人から避けられているし、症状でまわりに迷惑をかけていると思っていました。
でも、そうではないことがわかったんです。
仮に相手をそわそわさせたとしてもどうしてそうなっちゃうのかが理解できたので、対処できるようになりました。

悩んだ年数に関係なく、症状がラクになるのは間違いないです。

私の場合はもうこれ以上この苦しみが続くことや人を避け続ける人生を送るのがイヤで、それでワークを受けてみました。
その結果、今では前を向いて歩けるようになりましたし、人とすれ違うのもできるし、電車で人前に立てるようにもなりました。外で食事をするストレスがなくなったのも私にとってすごく大きいです。

いったいこれまで20年悩んだ苦しみは何だったんだろうという感じです。

このまま一人でずっと苦しむのは人生もったいないと思います。

私もずっと苦しんでたし、治るのに年齢は関係ないですよ」

 

30代・女性

「脇見恐怖症は今はもうゼロになりました。”ぜったいよくなる”ってみんなに伝えたいです」みかさん(高校生)

高校生のみかさん。
中学生の頃から脇見恐怖症に悩んでました。

黒板も見れないし、学校に行けなくなってしまったことも、「死にたい」とまで考えていたこともあります。

でも今は脇見恐怖を乗り越え、「症状がゼロになりました」とのこと。

そんなみかさんのインタビューはこちらをご覧ください
音声でのメッセージですが、文字起こししたものもあわせて載せています

インタビュー「大学中退するしかないと思っていたけれど…」みきさん(仮名)、大学生

きっかけは高校1年のとき。症状のことしか考えられなくて気が狂いそうでした。

高校1年生の時に、クラスの男子たちがこっちみて笑いながら話していることが何回かあって、私のことを噂しているような気がして、そこからいろんなことがおかしくなっていったように思います。

そのあと、クラスで発表することがあって、私が発表しようとしていると、その男子たちが笑ったんです。たぶん私がへんに緊張していたんじゃないかと思います。それで頭が真っ白になってしまって、発表もうまくできずに終わったんです。発表のあいだ中、みんながやたらとそわそわしてるし、それを感じるとすごく息苦しくて。

それから、クラスの人たちが話しているのとか、笑い声とか、ぜんぶ気になるようにだんだんなってしまい、みんなから笑われているんじゃないかと思い、学校にいる間中こわくてしょうがなくなりました。
休み時間や、登下校中も、いろんな人がこっち見てくるし、私ぜったい何かおかしいことしているんだって、朝から晩までずっとそのことしか考えられなくて、気が狂いそうでした。

なんか自分からイヤな匂いがでているような気もしたし、私の目つきがなんか感じ悪くて人を威圧しちゃっているのかなって気もしたし、でもそれをどうやったら治すことができるのかわからず、苦しかったです。

顔を上げるとまわりの人が視界にはいってくるのでずっと下を向いていて、黒板を見ることや、他の人と顔を合わせて話すこともできなくなってしまいました。

お弁当食べながら涙がとまらなくなり…

一番つらかったのは、お弁当食べてる時です。
お弁当食べながら周囲のことを意識しちゃって、どういう順番でどうやって食べ物を口に運んだらいいかとか、きっとこれも変に思われてるんだろうなとか、目を閉じた方がいいのか開けた方がいいのかどっちにすべきかとか、そんなことでもう頭の中がぐちゃぐちゃになって、お弁当に箸をつけたまま動けなくなってしまいました。そんな自分に対して「私何をやっているんだろう」って情けなくて涙がとまんなくなってしまって。

そんな状況だったので、教室に入るのがつらくなって学校を頻繁に休むようになってしまいました。時々登校しても、職員室か図書室がせいいっぱいのことがほとんどで。試験も別室で受けさせてもらったりもしました。高校を通信制に変えようかどうか真剣に親や先生とも相談したり。それでも休み休み学校に行き、なんとか卒業しました。

大学に入ってリセットできると思ったけど…

勉強そのものは嫌いじゃなかったので受験を頑張り大学に入りました。
高校で勉強したいのに症状のせいで勉強できなかったのを取り戻したかったのもあります。大学入ったらぜんぶリセットできてうまくいくんじゃないかと思ったんです。

でも、最初の1か月くらいは調子よかったのに、だんだん症状のことが気になりはじめました。いったん気になるとそこからはまた高校のときと同じになっていって。みんなの前でご飯を食べるのとか本当に苦痛で。
サークルも本当は入りたかったのに、こんなんじゃムリだと思ってあきらめました。
バイトもレジ打ちなどしてみたのですが、人の視線が気になってしまうし、休憩中の他の人との会話とかつらくて、すぐ辞めてしまいました。電車や美容室とかもつらかったですね。

心療内科には一応いってみました。でも、ほとんど話を聞いてくれないし、病院の心理士の人にも話をしたのですが、やっぱりこの症状のことはわかってもらえないし、考えを変えなさいとか言われても変えられないし、行くのをやめてしまいました。

セミナーでて驚いたのは、みんな普通に見えるということ

高校生の時みたいにどんどん苦しくなって、どうしていいかわからず、大学辞めなきゃかもと思っていた時に、先生のセミナーの案内を見て、都内のセミナーに出てみました。申し込んだあとも、当日も部屋に入るまで何度もやっぱりキャンセルしようと思いました。
どんな人がくるのかわからなかったし、人と話せる気がしないし、へんなセミナーだったらやだなって(笑)

セミナーでて驚いたのは、私以外にもこんなにたくさん悩んでいる人がいるんだ、ということ。
それと、みんな普通に見えるということ。とても悩んでいるようには見た感じはよくわからない。でも、いろいろ話をしてみるとみんな同じようなことで悩んでいて。いろんな人にわかってもらえたというのがすごく大きな経験でした。

個人カウンセリングで学んだ、「メガネ」、「私、意外に普通かも」

そのあと先生の個人カウンセリングにお世話になりました。
「メガネ」のことを教えてもらえたのがよかったです。やっぱりこれまでの自分は、「きっとへんだと思われてる」というメガネをかけて周りを見渡していたし、そうすると、周りの人の反応がぜんぶ自分を笑ったり、避けているサインに見えちゃう。それに気づけたことですごくラクになりました。

毎回先生から課題を出されて、でもそれをちゃんとやることで自分に対しての自信みたいなものも出てきたし、よかったことノートを書き続けたのもいい影響があったと思います。

セミナーで教えてもらったこともあるけど、なかなか一人じゃやらないし、とても1回じゃやり方もわからないですよね。私みたいにすぐさぼるし継続できない人には2週間に1回必ずカウンセリングがあるのはありがたかったです。

あと、スマホでビデオ撮るやつ(ビデオフィードバック)を何回かやってもらって「私、意外に普通かも」ってだんだん思えるようになったのと、街歩きに連れ出してもらい、みんなが私に注目しているわけじゃないとわかったし、顔を上げて歩けるんだという経験ができたのがすごく大きかったです。

遠いので半分くらいはSkypeでのセッションでしたが、本当は全部直接受けれたらよかったです。
カウンセリングルームの木に囲まれたようなあの雰囲気が結構好きだし、時々ハーブティとおやつもらえるの楽しみでした(笑)

最近「雰囲気かわったね」ってクラスの子からいわれました

カウンセリングのおかげで普通に電車に乗れるし、授業に出ることができるのが本当に嬉しいです。
時々はやっぱり症状のことが気になっちゃうことがあるけど、でもこれって「メガネ」かもって思えるし、「まあいっか。しょうがないよね。」と深刻に考えすぎないようになりました。
症状のことを忘れてることも多くて、症状で悩んでいる時間はほんとに減りました。

「私はだんだんよくなっているしもう大丈夫」って思えているので、以前のようにはまりこんでしまうことがなくなったのも大きいですね。

「最近雰囲気変わったね」ってクラスの子からいわれました。
クラスの人たちの姿をはじめてちゃんと見ることができたかもしれません。この人こんな髪型だったんだって。
今までは地面とスマホの画面ばかりみてたし、そもそも自分から関係を避けていたので。

大学辞めなきゃと思っていたけど、ゼミ出ることできそうです

これからやってみたいことですか。英語に興味があるので勉強したいです。スクールとか通ってみたいし。オンライン講座もいいけど、やっぱりスクールで直接学んでみたいです。
あと、ゼミがはじまるので、それも頑張ってみたいです。この症状抱えたままではゼミなんか絶対無理だと思っていて、でもゼミ出ないと単位とれないので、これはもう中退するしかないってずっと思ってました。ゼミに出ることができそうというのがすごく嬉しいです。
大学あきらめなくて本当によかったと思います。

同じ悩みをもつみんなへのメッセージ

本当にこの症状つらかったです。
これじゃ生きてる意味ないってずっと思ってたし。
でもきっと変われると思います。
むしろ私なんかより他の人の方がずっと大丈夫そうってセミナーで思いました。みんな明るいし普通に雰囲気いい人達でした。

私もまだまだかもしれないし、偉そうなことは言える立場じゃないですが、でもちゃんとしたやり方や考え方することで、きっと大丈夫だと思います。

もし同じ学生さんとかいるのなら、学校あきらめるのもったいないよ、とも思います。

対人恐怖・脇見恐怖・視線恐怖・会食恐怖/20代/女性

人生全体がうまくいくための方法を学んでいる気がします

症状改善だけじゃなく、人生全体がうまくいくための方法を学んでいる気がします。
人生転換できてよかったです。
あのままだったら危ないところだったと思います。

社会不安障害/30代/男性

ずっと抱えていた首や肩の痛みも減ってきました

症状のせいでこれまでは旦那と一緒に映画を見たり、車の助手席に乗って一緒に出掛けたり、リビングでテレビを見ることが苦しくて仕方がなかったのですが、最近はだんだん一緒に楽しめるようになりました。体の緊張が抜けたおかげか、これまでずっと抱えていた首や肩の痛みも減ってきました。

対人恐怖症・脇見恐怖症/30代/女性

毎日が楽しくなりました

黒板もみれなくて人生おわったと思ったけど、気がつくとすっかり良くなっていました。
いまでは友達と普通に遊んでます。毎日楽しいです。

脇見恐怖症/10代/女性

これまでさんざん症状に苦しんだけど、ようやく人生がはじまった感じです

これまでさんざん症状に苦しんだけど、ようやく人生がはじまった感じです。うまくいかないことがあっても「まいっか」と受け流せるようになったのは大きいです。

対人恐怖症/20代/男性

インタビューもご参考までに

「はまり込んでいたあの当時の自分に「治るよ」って伝えてあげたい。サングラスで送った大学生活」ひろあきさん(対人恐怖・脇見恐怖/40代/男性)   この記事を読む

「暗く長いトンネルから光が差し込んできた」ふうこさん(対人恐怖・脇見恐怖/40代/女性)
この記事を読む

  • グループプログラム(Taijin塾)の参加者の感想はこちらをご覧ください。
  • セミナーの感想はこちらをご覧ください。

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数