症状改善のためのコミュニケーションスキル

201911.19

 

こんにちは。
当オフィスではグループプログラムや個人セッションなどでコミュニケーションスキルのワークも重視しています。

なぜ症状改善にコミュスキルが必要?
って時々聞かれます。

それは、脇見恐怖・視線恐怖や対人恐怖などにはまると、
相手とココロの距離をとるようなコミュニケーションのスタイルになっちゃうから。
コミュニケーションがもともと得意とか苦手というのに関係なく。

症状のことばかりに意識が向いてしまう結果、コミュニケーションスタイルが変化しちゃうんです。
聴く姿勢、話し方、関わり方など。
自分でも無意識のうちに、です。

相手とココロの距離をとるようなコミュニケーションスタイルになると、本当に相手と距離が開いていく。
なぜかというと、
自分がとっているコミュニケーションスタイルによって、相手に間違ったメッセージが届いちゃうから。

「私はあなたに好意的ではありません」
「あなたの話に興味がありません」

相手からするとこんなメッセージとして感じられちゃう。
自分の本心は「本当は親しくなりたい」だったとしても。
それって悲しいことですよね。

コミュニケーションスキルで特に影響が大きいのは「話の聴き方」。
あいづちの打ち方一つとってみても、自分の本心と違ったメッセージを相手に送ってることってたくさんあるんです。
逆に言うと、あいづち一つで簡単に人と親しくなれちゃったりする。

人と親しくなるためのコミュニケーションスキルって、実はそんなに難しくないんです。

人といい関係をつくりたいと思ったととき、
症状をどうするかよりも、コミュスタイルを変えてみる方が近道だったりしますよ!

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数