会話の際、相手の話の内容をちゃんと「聴いて」いますか?

201604.09

あなたは人と会話をするときに、相手の話の内容をちゃんと「聴いて」いますでしょうか?
対人場面に悩みを抱えている方の多くって、相手の話をちゃんと聴けてなかったりします(自戒をこめて)。 (さらに…)

「失敗を楽しむ」マインドで、対人恐怖からの解放を

201604.01

あなたは自分の「失敗」や「間違い」を気にしすぎてしまう傾向がありますか? (さらに…)

人生を左右する、「知っている」「できる」「やっている」の違いって?

201603.22

突然ですが、
「知っている」「できる」「やっている」の違いって、何でしょうか?
この言葉の違いが人生を左右するんだって、僕はコーチングの師匠から繰り返し教わりました。そのことをシェアしたいと思います。 (さらに…)

「対人恐怖、視線恐怖、脇見恐怖症から抜けだす方法を学ぶ」セミナーはこんな感じでした

201603.14

2016年2月に都内で開催したセミナーの報告をしたいと思います。
ずいぶん間があいてしまいましたね(汗)。 (さらに…)

うまくいかないとき

201603.04

調子のいい時も、いまいちな時もあると思います。
せっかく何かきっかけをつかめたような気がしたのに、思うようにいかなくて落ち込むこともあるかもしれません。
でも、いろんな時があるのはしょうがないです。それが自然の本質なのですから。
この世界のすべてのものは瞬間瞬間に変化しています。だからこそ、このつらい状況だってやがて変わっていくのです。
「この権力を永遠に」「永遠の命や若さを」と求めたばかりに苦悩や悲劇がはじまるのは、物語、小説、映画のお約束のストーリーですよね。
うまくいくときも、いかないときも、どちらも「ああ、いまはそうなんだな」。肩の力を抜いてそう思えたら、きっとラクになるかもしれません。

注意を内側から外側へ

201602.10

NHK「ハートネットTV」での視線恐怖・脇見恐怖特集が話題になっていますね。僕も録画して見てみました。この症状が取り上げられるなんて驚きです。きっとみなさんの声が届いたのではないでしょうか。すごいなあ。30分という限られた時間の中でなかなかよく出来ていたなあと思ったのですが、賛否両論あるようですね。 (さらに…)

治るチャンスを自ら遠ざける4つのキケンな考え方

201602.06

比較(画像サイズ小)

小さなヨットで太平洋を横断した冒険家、堀江謙一さんはいいます。

「チャンスの女神は平等ではありません。しかし、(チャンスを)つかむか逃すかの選択は平等に訪れる」

そうなんです。すべての人に同一のチャンスが訪れるわけではありません。しかし、やってきたチャンスをつかむ人もいるし、逃す人もいます。他の誰でもない、自分自身でその選択を行っているんですよね。

対人恐怖症、視線恐怖症、脇見恐怖症を治すチャンス、これはヨットの冒険とは違い、女神が微笑んだ一部の人にのみ与えられるものではありません。間違いなく私たちすべてにそのチャンスがあります。
でも、残念なことに、そのチャンスを自ら遠ざけてしまうキケンな考え方があるんです。これはかつての僕自身のことでもありますが、恥をしのんでここに紹介しましょう。
あなたにあてはまるものはありますか? (さらに…)

自分にOKを出す

201601.27

症状で苦労しながらも毎日を送っているみなさん。
まずはそんな自分を認めてあげてください。
だって、めっちゃ頑張ってますもん。
神経のすり減らし方だって尋常じゃないですよね。
それなのに、他の人と同じ仕事や勉強をしている。
これって、すごいことだと思います。

夜寝る前、若しくは、朝起きたときにこんな声を自分にかけてみてください。
「こんな状況の中で、よく頑張っているよ。そのことはまず認めるよ。お疲れさま。ありがとう」
自分になじむフレーズにかえてしまって結構です。

これを、毎日繰り返します。
おススメは3週間続けることです。
継続した結果、やがて脳の神経回路に刻まれていきます。

これだけで症状が治るとはいいません。
ですが、負のスパイラルが止まるか、逆回転をはじめる土台がつくられていきます。

自分にOKを出すことって、ものすごく大切です。
甘やかすこととは違います。
頑張っている部分は事実として認めてあげる。
そのことで、前へ進む勇気もでてきます。
自分にOKを出せるからこそ、他者とのかかわり方もやがて変化していくのです。

一生懸命毎日を生きているあなたのことを応援しています。

相手があなたを評価するかどうかは相手の問題

201601.23

相手があなたを評価するかどうかは相手の問題

「アドラー心理学」で有名な、アルフレッド・アドラー の言葉です。
けっこうぐっさり刺さる言葉ですね。
対人関係での苦しみを減らす名言です。 (さらに…)

対人恐怖、視線恐怖、脇見恐怖症「悲劇の引き寄せの法則」

201601.21

恐怖

対人恐怖、視線恐怖、脇見恐怖症、社交不安に共通しているもの。それは…

対人恐怖、視線恐怖、脇見恐怖症、社交不安、これらには共通の根っこがあります。
それはなにか…

「他者からの否定的評価を恐れてしまうこと」

です。

対人恐怖、視線恐怖、脇見恐怖症、社交不安に限らず、赤面、吃音、自己臭恐怖などのいわゆる神経症的なものはすべてこの共通の根っこがあると言われています。

この恐怖の程度を測定する心理テストがあるのですが、これを対人恐怖等を抱えている方たちにやってもらうと、一般の人たちよりもはるかに他者からのネガティヴな評価をを気にしていることがわかります。

「まわりの人に嫌われたらどうしよう」
「もし人前で失敗したら…」
「うまくできない自分の姿をみられてしまったら」
「私のことを気に入ってくれないのではないか…」

などと、他の人からどう見られるか、どう思われるかが過度に気になってしまうのです。

否定的評価への恐れがもたらす悲劇の悪循環

(さらに…)

1 2 3 4 5

LINE@でワンポイントアドバイス

無料対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症、不安障害の克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。

登録&解除は簡単!ワンクリックだけ!
登録時に個人情報を記載する必要はありません。
登録していることを他の人に知られることもありません(グループメンバーはわかりません)

友だち追加数